本を読んでいくブログ(新)

読書記録。テーマは主に歴史、外国語学習、レシピ、手芸など。

日本

『倭国の時代』岡田英弘 ちくま文庫 2009年

故岡田英弘先生の著書は、1〜2冊、しか読んだことないのですが、その時の印象は「痛快!」。。。でした。 軽快なテンポで、これは創作、これは後から書き換えられている、これはなんとか。。。と史料そのものの分析が目からうろこ落ちるような感じでした。…

『日本一やさしい天皇の講座』倉山満 扶桑社新書

天皇に関連する本を数冊まとめて読みました。主に歴史です。 読んでから少し間が経っているので読書ノート見てみますと、最近行われた御譲位や上皇という存在、ひいては皇室制度(古くは「朝家」と言ったそうです)について、過去にはこんなことがありました…

「ざんねんな武将たち」大友宗哉 辰巳出版 2019

戦国武将とか、武士、侍と聞くと、思い浮かべるのはやはりステレオタイプなイメージ像なんだろうなというのは、わかっていたつもりだったけれど。。。。 でも、ステレオタイプなイメージを持つっていうことは、つまるところ、実態をよく知らないってことです…

『蘇我氏はシルクロードから渡来した』久慈力 現代書館 2006年

どういうわけか図書館から2回借りてしまった。 蘇我氏とかシルクロードの本を数冊、読みたい本リストに挙げた時期があったのですが、最初に借りて読んだ時に、リストから削除し忘れたのかな。 それにしても、2回目に借りる時に、「もう読んだ」とはっきり…

『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』ケント・ギルバート 講談社プラスα新書

ひょんなところで手に取り、すぐ読めそうだと思ったのでその場で読み終えました。多分、2時間くらい(でも時間計測してたわけではない)。メモ取らずに自分としては速めに読んだのでどれだけまとめられるか。。。 内容に入る前に一言。本とは関係ないのです…

『悲しい歴史の国の韓国人』宮脇淳子 

この本について記事を書こうと思っていたのですが、数日、動けなかった。 多少、忙しかったとか外的な理由もあるのですが、一番の理由は、ちょっとやそっとでまとめられなさそうだったから。 しかも、マインドマップの本を数冊並行して読んでおり、この本も…

『京都ぎらい』井上章一 朝日新聞出版

日本に帰ってきて、でも正月なので、図書館が利用できません。 1ヶ月家を開けるときに、手元に置いてあった本を一旦片付けてしまったので、すぐに用意できない。しかも、何を読んでいたか覚えてないというか、ピンとこない。探し出して続きを読む心構えがで…

『福岡県の歴史』県史40 山川出版社

福岡に行ってきたので、福岡のことを知ろうと思って歴史の本借りてきました。ところが。。。

『福岡市が地方最強の都市になった理由』木下斉 PHP

そういえば9月頭に福岡行ってきたんです(ちょっと時間が経ってしまった)。 初めての福岡県でもあるし、福岡市でもありました。 福岡は知ってるようで知らなかった。 最近、福岡が住みたい日本の都市ランキング1位?とかそういう話も聞いて、「え?福岡?そ…