本を読んでいくブログ(偏ってます)

読書記録。テーマは主に歴史、外国語学習、レシピ、手芸など。

『嘘だらけの日独近現代史』その1(倉山満、扶桑社新書)

最近はドイツあたりの歴史、特に神聖ローマ帝国ハプスブルク国あたりを読んでいます。

この本はタイトルに「近現代史」とあるので、勝手に、まだ読むのは早いかなあと思っていましたが、最近そういえば倉山先生の本を読んでいないと気がつき、この本を手に取りました。

どんな本でも、気になったら目次くらいはまずチェックしたほうがいいですね、この本も第一章は西ローマ帝国、第二章は神聖ローマ帝国、第三章はプロイセン王国、第四章はドイツ帝国、第五章はヴァイマル共和国、第六章はドイツ連邦共和国という内容でした。第四章くらいまではハプスブルク家統治が続いています。一気に全部読むのは無理でも、ハプスブルク家に関係するなら、もっと早く手に取ればよかった。きっと倉山先生が面白どころを教えてくれる(期待)。

 

第一章の初めに「主な登場人物」というコーナーがあり、筆頭にシーザーが挙げられていますが、その紹介文が「(生没年)皇帝の語源。どうでもいい話なので本文では書かなかったが、元老院の三分の一の議員の妻を寝盗り、恨まれて暗殺された。当たり前だ。」とある。倉山先生!シーザーの紹介がそれですか!と、笑いを誘う。

 

二番目にオドアケル。続いてオットー大帝、ハインリヒ4世、バルバロッサ、インノケンティウス3世が挙げられてます。

 

オドアケルは、そういえば西ローマ帝国を滅ぼした後どうなったのか、何をしたのかさっぱり知らなかったですね。

この本でも詳しく書かれてるわけではありませんが、簒奪者の失敗例として知られ、以降、皇帝につく人はローマ教皇からの権威づけを求めた、そしてその結果ローマ教会が調子づくという説明。

オドアケルその人についてはわからないまでもこういうこと知っていくのが楽しいですよね、歴史。実力者といえどもそれだけでは国をまとめることができないということで。

 

まだ読んでる最中なのでまた順次紹介して行けたらと思います。

 

この本は読んでいるそばから、早く先を読みたいという気持ちと、もっと丁寧に読んでメモ取りたいという気持ちが同時に湧いてきて、迷います。解決策を思いつきました、「何度も読む」、です。1回目はまず読み通します。