本を読んでいくブログ(新)

読書記録。テーマは主に歴史、外国語学習、レシピ、手芸など。

『イングランド王国前史』桜井俊彰 吉川弘文館

私的に「こんな本を探していたんだよ!」な本でした。

 

数年前、ヴァイキングについて知りたいと思って何冊か読んだことはあったのですが、その時にイングランド側(当時イングランドと呼べるような国があったかどうかは別として)のことも知りたいなと思ったのですが、その時に探せたのはアルフレッド大王について書かれた本くらいでした。

 

その辺りのイングランドの歴史を知りたいと思ったら、アルフレッド大王はもちろん外せない人物ですが、あまりに存在が大きすぎて、まったく他の人が出てこない本とかもあり(あったと思う。。。)、ちょっと欲求不満でした。もしや、そもそもアルフレッド大王以前、以外は記録とか残ってないのではなんて事まで勝手に考えたりもしました。(素人の合理化。。。)

英語の本を探すしかないのかなとも、もちろん考えていましたが。。。

 

それで、この本を見つけたときは、もうタイトルだけで「これだ!見つけた!」と1人ではしゃぎました。

 

ローマ帝国の一部だった時代から始まり、ローマ帝国滅亡後のブリテン島、どこかで一文だけ読んで、詳細を知りたかったアングロ・サクソン人ブリテン島に来た次第が描写されていて感激しました。

 

自国(という意識はあったかどうかわかりませんが)の問題に外国勢力を引き込んではろくなことにならないという歴史の法則(と言ってもいいですよね)がここにも発動されてます。あと、身内(のようなところでの)争いはさらなる外敵を招き寄せる法則とか。

 

ヴァイキングの話を読んでいたときは、うわー、非道だな、戦死が名誉で天国に行ける方法だなんてすごい社会だな、周りは大変だなとか思っていましたが、受けてたったアングロ・サクソン人も単にどっちが強かったかの問題で、似たり寄ったり?。。。苛酷で容赦ない社会。

(→キリスト教の登場でホッとします。そのあともいろいろありますが、それでも。あ、聞かれてもいませんが私はキリスト教徒ではありませんし、キリスト教推しでもありません。)

 

王国の、ひいては人々の運命は王様1人の資質で左右される。浮き沈みも激しい。

アングロサクソン七王国も(元々はもっと多かったらしいが)、順に国が台頭し、弱体化していきます。その辺が一つ一つ順に描写されていきます。

ルフレッド大王についてもヴァイキングについても、あれ、これだけ?とちょっと肩透かしかと思ってしまうくらいで、本はあくまでもイングランド七王国の歴史の流れを追っていきます。

 

この内容に対する知識欲はあったので、かなり細かくメモ取りながら読みました。

それでもテンポ良く読めたと思います。

 

しかし、後で自分のノート見ても分かりにくい、というかノートまとめ直しが必要かも、と思える状態です。マインドマップで書きましたが、どうしても文章で書いてしまうんです、歴史は特に。

練習も兼ねて、もっと思い切って単語で書き直してみます。

 

著者には他にもイングランドウェールズについての著作があるので、そちらも楽しみです。

2020年1月まとめ

2020年の1月も、もう終わりですね。速いです。

 

正月明けてから、図書館通いを再開してエンジンかかるのにちょっと手こずりましたが、マインドマップ読書術の本を読んで刺激受けました。

 

前より楽に読める、読書ノート(マインドマップ)取れるようになったと思いますし、ブログ記事にするのもマインドマップのおかげで楽になりました。

 

読書術の本から、読書は受身ではなく自分から掴みに行くアクティブな作業だと言うことに、おおいに触発されました。

 

そして、場合によっては借りてきた本を「読まない」とキッパリと決断することも心がけました。

楽しく、あるいは楽に読めるだけの下地が自分にはない、

難しすぎる、

今、読めない(図書館の期限内に時間が取れなかったなど)

話が古すぎる(そしてそのことで読む意味が損なわれている)、

期待した内容と違うといった理由で、読むのをやめる宣言を(一人で)下して行きました。

大げさですが、そうでもしないと、つい、「わからない自分は頭悪いのかも」とか、「じっくり読めばわかるのかもしれない」とか「すぐに投げ出す自分。。。」とかネガティブなことを思ってしまいそうになるからです。

難しいと思った本は、やさしい本で基礎知識をつけてから再挑戦するのもアリだと思います。

 

読まないと決めた本を別にすると、だいたい50冊、読みました。どちらかというとブログ記事にするのが追いつかなかったです。

今月ははやく読むのを心がけたので、読みに関してはまあまあの結果が出せたなと思うのですが、はやく読めるようになると、今度はもっと効率よくノートを取りたい、もっとわかりやすい文章を速くかけるようになりたい、と違うところにも目が行くようになりました。

 

今はだいぶ自由時間が取れる生活をしている状態でこの数ですので、もっと数は伸ばせると思います。する必要はないのですが(笑)、もう少しチャレンジして見たいと思います。

 

 

 

読まない決断をした本は、それぞれの理由はあげませんが(上にあげた読まない理由のどれかに当てはまります)、

 

中高一貫高卒の東大生60人が教える中学生の勉強法』東京大学「学習効率研究会」

 

『あなたの心配ごとを話しましょう』トム・エーリク・アーンキル、エサ・エリクソン    

 

  

iPadではじめる新・仕事術』武井一

 

マインドマップ読書術』松山真之助

 

『日本史のミカタ』井上章一本郷和人

 

 

来月はどんなほんと巡り会うでしょうか。

 

 

人気ブログランキングに参加してます。

クリックいただけると嬉しいです。

 


読書日記ランキング

 

『英語ができない私をせめないで』小栗左多里 大和書房

ダーリンは外国人シリーズで楽しませてくれた著者の、英語遍歴。

 

英語の勉強法といったジャンルのものですが、内容は、

英語ができない状況説明

勉強できない状況説明

試したスクール体験記

続けている勉強法

かな。

 

ダーリンは外国人」シリーズでは、体験談や漫画そのものを楽しみました。それ以上のことは考えなかったですが、この本を読んでちょっと著者に興味を持ちました。

 

この本を読み進めると、

「普通、こう言う本は英語ができるようになった人が書くのでは!?」と悩めるお姿が漫画であり、それを見た途端、「あ、そうなのか。この本読み進めても(著者は)できるようにはならないのか」とクスッと笑ってしまったり。

 

そして、「さあ、ここからいいわけですよー」の文章に笑ってしまって気が付いた。本当にそのあとは英語が、勉強ができない言い訳が!!

 

本当だ。読んでも読んでも、実は言い訳だったり、不合理な学習環境、体験の説明だったりで、英語がどうしたと言う話そのものは全く(といったら言い過ぎなので「ほとんど」と訂正します)進展しない。。。

 

そこで、ふと我にかえりました。

あれ、でも、どうしてこれ、面白いんだろう?

と。

 

私が同じテーマで書いたら、多分もっと嫌な文章になると思う。少なくとも、面白くはないと思う。自信ある。

 

でも、この著者が書くと、楽しいではないか〜!!

なぜだろう〜、なにがちがうのだろう〜。

なにこの不思議な魅力?魔力?

 

著者の本職の漫画作品、ジャンルも何も寡聞にしてわからないけど読んでみようかなと初めて思いました。漫画描くのは辛い作業だとあったけど。。。。

 

少しマジに内容について

2004年発行の本なので、古い情報もあるかもしれないけれど、著者が試した英語の勉強本やサイトのリストがコメントとともにリストアップされてます。

全てチェックしていませんが、English Through Pictures Book とか挙げてあり、懐かしい!!と一人で感激しました。このシリーズ、昔よく見かけましたよね、本屋で。今もありますかね。

英語は手に取ったことないですが、このドイツ語とスペイン語を昔、読んでいました。最初の方の何ページかはイラストも文章も覚えてるんですけど、後ろの方はどんななのか、実は見たことないかも、と思えるくらい何も覚えていません。

 

『サブリミナル英会話』と言う本が紹介されており、これは日本語で書かれた本(どう言う内容で書かれているのか、今わかりませんが)ですが、単語やフレーズが、それに続くかっこの中に英語で書かれており、サラサラ読みながら、英語の単語や言い回しを覚えると言うか見慣れていくと言うかそういう狙いの本らしいです。

以前、そういったスタイルのスペイン語の本を新書(なに新書だったかな?)で読んで、結構気に入ってましたので、英語でもそう言うのがあれば読んで見たいなと思いました。著者にはあまり好きじゃないスタイルの勉強法だったそうですが。

 

他、インターネットの英語勉強サイトやラジオの語学番組なども説明やコメントとともに紹介されてます。

 

先日、文豪の文体で笑わせてもらいましたが、私も文章の書き方、少しはよくしていけるように勉強する必要あると痛感しています。まずは小栗左多里さん研究から?

 

 

つづいて、小栗左多里トニー・ラズロ共著の『ハワイで大の字』も読んだので、ここに一緒に紹介しておきます。お気楽によんだのでメモも取ってないし、感想をちょいちょいっとだけ。

 

しまった、名前を思い出せない!!のですが、個人所有の島があり、島民に他の場所との交流を制限しているらしいのですが、そこの生活などに興味はあります。いって見たいとまでは思いませんが、体験談とかあれば面白そうです。

食べ物のイラストが上手い!

同行した編集者さんが面白い(こちらも名前が思い出せません。失礼しました)

 

今、本のリンク貼るためにアマゾンのサイトで検索したら、イタリアフランスでも大の字になってるそうです。本、探してみる!

 

人気ブログランキングに参加してます。

クリックくださ〜い

 

『もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら』神田圭一・菊池良 宝島社

図書館蔵書検索サイト、カーリルで本を検索している時に見つけた本で、読んでみました。

calil.jp

 

感想は、「くだらなーい、あははははは!」といった感じ。あ、これは、褒めて言ってます。

なぜ褒め言葉かというと、「はじめに」で著者の一人、菊池良氏が書いてます。本書は「軽く読んではははと笑って、ページを閉じた瞬間にすべてを忘れるような本を目指して書かれた。(中略)ある種のくだらなさだけを書こうと、僕は決意していた。」と。目的は、「ページを閉じた瞬間に全てを忘れる」以外は見事に達成されてます。

 

 

でも唸ってしまいますね。特に小説を読み込んだりしたことのない私でも、楽しめるくらいの「文体書き分け」っていうのは可能なんだなあと。。。私は普段の読書であんまり文体などは「読みやすい・読みにくい」程度しか気にしてなくて、新鮮でした。

まあ、著者名を出さないで様々な文体を出されたら、ちょっとわからないし、面白くないと思いますが、「村上春樹〜」「次はコナン・ドイル〜」と名前あげながらなので、つい「あはははは」となってしまいます。

作家だけでなく、特定雑誌の文体とか求人広告だとかまであって、さらに笑えます。

正直にいうと、数名、全く名前も知らない作家さんが挙げられていたのですが、それでも文体の違いは楽しめました。知らない人だらけだと、楽しめるかどうかわかりませんが。。。

今月頭に読んだ『京都ぎらい』の井上章一氏も、「焼きそばぎらい」というタイトルで 文体マネされていて、あれ、あんまりクセのある文体とか思わなかったけどなと思って読んだんですが、なんとも表現しにくいですが、外界と内面を同時に描写していくような感じというか、観察に徹している感じが「なるほどな」と思いました。でも、あれ、こんなに漢字少なかったっけ?とも気になりました。機会があったら再チェックしてみます。

 

タイトルで本検索していると続編があるようなので、図書館にあったら読んでいこうと思います。

あと、もう一つ言うなら裏表紙のヌード漫画はやめて欲しい。。。(笑)

 

人気ブログランキングに参加してます。 クリックいただけると嬉しいです。

 

『3本線ノート術』『3本線ノートで驚くほど学力は伸びる』橋本和彦 

昨年、日本に帰国して、存分に本を読みたかった長年の恨みを晴らすべく、たくさん本を読みました。まあ、「たくさん」というのは相対的に言えば、ですが。

知りたかったこともたくさんあり、読みながらノートもたくさん取りました。

まとまった量の日本語を書くことも久しぶりで、書いてる最中の顔は(急いでて)鬼のようだったかもしれませんが、達成感や爽快感も味わいました。

 

ですが、たくさん書き取ったノート、どうしようということになり、また読み返すの?と自問して、バインダー2冊パンパンになったルーズリーフをすべてスキャナーに通してデータ化してから、廃棄しました。

捨てることはなかったかもとは思いましたが、とっておいても何もしなかったと思います。眺めて達成感は味わい直せるかもしれませんが、なんかこう、具体的に?現実的に?そこから何かする、できるとは思えなかったんです。

何度か見直した時に、何を思ったかって聞かれたら、「ペン習字とか、やってみようかな、だった」と答えたかもしれません。

そのスキャンしてつくったPDFデータは、見直すことがあるかどうかわからないんですが、まあ、何も残さずに丸ごと廃棄する勇気がなかったので、ワンクッション入れたという感じです。このままそれを見直さなくても困ることは何もない。。。

 

そのあと、一ヶ月日本を離れ、最低限以上の日本語ともしばらく離れていたのですが、1月1日に日本に帰ってきて思ったのは、「今度はもっとうまくやる!」です。

本を選ぶ、速く読む、内容をメモる、まとめる、読んだ本や読みたい本を記録管理する、似たような本などとつなげていくといった作業をもっとうまくやりたい、と。

 

本は変わらず、ほとんどを図書館頼みですので、読む順番や、読める時期など多少制約を受けてしまいますが、それでも混乱することなく読んでいきたい(+上記の周辺作業をこなしていきたい)という目標が明確になったのです。

 

本を速く読むのは速読をマスターするしかないのかなあとか、オーディオブックにしてみるかとかあれこれ考えました。

でも素直に「読書法」をキーワードにして検索すると、マインドマップや各種ノート術、手帳術、仕事術、整理術などなど出てきました。

その辺の本を今、重点的に読んでいる最中ですが、この「3本線ノート術」もその時に見つけました。図書館からこの本を借りてくる前に、ネット検索で、この「3本線ノート術」が紹介されているページを見つけ、大体のところは予習できていました。

 

    

TODOリストでは「やったか」「まだやってないか」しか管理できないとあり、これは自分でも思っていたことなので、納得できました。

 

私は数年前はToDoリストマニアでした。アプリ利用で。

ToDoリスト、あれはあれで面白かったんですが、項目が増えてくると、なんのためにこの作業をしているのかよくわからなくなってきたりします。それでもリスト全体を信頼して、その予定を入力した自分を信頼してこなしていけばいい(はず)なのですが、楽しくToDoリスト管理やってた時期を過ぎてしまうと、もう放置されっぱなし。。。になってしまったので、きっぱりやめました。

ToDoリストにもメモは書けるんですが、アプリだと、そのメモを見るのに大抵ワンクリック以上必要です。もうそれで見るのが面倒だし、そもそも書き込むのも面倒です。

前置き長い。。。

 

3本線ノート術だと、1項目ごとに見開きでページを取る。

やったかどうかだけでなく、どうやったか、どうなったかを書き込んでいける。後日振り返ってそこから学ぶこともできる、記録にもなる、といったメリットがあります。TODOリストだと2次元だったのが、3本線ノートだと3次元管理できるとかそんなイメージ。

 

じっくり取り組むべき項目向けといっていいですかね。

(具体的な方法については、本をご覧になってください)

 

たとえば読書ノート。

書き取るのはどうとでもできるんですが、見直した時に書き込みたいことはどうするか、どこに書くか、そこから後日するべき項目とかを目立たせたい時、後から見直す時にどこを見ればいいかなどが決まっていてほしい、決めてしまいたいと思ってます。

そのへん、3本線ノートならうまく扱えるようです。その辺は想像しただけでもうまくできそうですし、ワクワクしてきます。

ですが、見開きページに1項目ふりあてる、というのがなんとも度胸が必要かと。。。まだ実際に試してないのでなんとも言えませんが。。。

 

 勉強するとき、何をするかがわかる、自分がどのくらいできるのか、できたのかがわかる、、、自分の管理をする、自分の監督になる、とかいった感じでしょうか。

 

でもこれ、進学塾の先生である著者が、できる子供たちのノートを見せてもらいながら編み出した方法というか、共通項を拾うとこうなるというノート術、勉強術なんだそうです。おそるべし子供たち。

 

私が読んだのは『3本線ノート術』が先ですが、先に執筆されたのは『3本線ノートで驚くほど学力は伸びる』の方だそうです。子供の学習法として本を出したら大人からも反響が多かったのにびっくりして、ビジネスや資格試験などにも使えるということに気づき、一般向けという形で『3本線ノート術』にまとめたそうです。

 

今、マインドマップで読書ノート作っているのですが、マインドマップをを見直しながら、この3本線ノートみたいに書き込み入れたり見直したりしていけたらいいんじゃないかなと思ってるんですよね。それだとちょっとノートの大きさが足りなくなるのが問題。。。

 

 

人気ブログランキングにクリックで応援くださると嬉しいです。

 

『遅読家のための読書術』印南敦史 

著者は複数のウェブサイトなどで、書評を書いてらっしゃるそうです。その数月に60本。一年に700冊…、あれ、700冊レビューを書いているのか、700冊読んでい流のか、正確なところが今となってはわかりません(汗)。

 

なんでも、書評を書く仕事を請け負って「本を読まなくてはならない」状態になり、それから試行錯誤して、読書法を編み出したそうです。

 

100%わかろうとするより1%に巡り合うために本を読む、音楽を聴くように本を読む、などのキーフレーズもありました。

あ、著者の奴隷になるのではなく(こんな表現はされてませんが)、自らが宝探しに出かけるような感じで本を読む、ということかなとおもい、ちょっとワクワクしました。なんかこう、アクティブな感じがいいですよね。

 

そういう心構えだけでなく、案外と具体的なアドバイスも載っています。読み飛ばして構わないところの見分け方とか(笑)。でも、自分が書いたものはもちろん読み飛ばされたくはないとか。。。まあ、そうですよね(笑)。

マーカー引くのは意味がない、読みながら大事と思った情報は本の外へ出して終わないと本を閉じたらないに等しい、みたいなことも。

 

 

この本を読んで、これに前後して『マインドマップ読書術』を読んで、随分と励まされたと思います。読書はもっと自分が能動的に行う活動なんだって。

 

人気ブログランキングに参加してます。

クリックいただけると嬉しいです。

マインドマップまとめて数冊 トニー・ブザン

トニー・ブザン氏のマインドマップの本をその後も数冊読みました。だいたい同じことが書かれていると思うので、最初の2冊くらい以降はもうかなりの流し読みです。

 

個人的には最初に読んだ『マインドマップ読書術』(すでに記事にしてます)で事足りた感じもしますが、その後の『マインドマップ記憶術』、『マインドマップ勉強法』も面白かったです。『ザ・マインドマップ』、『マインドマップ超入門』は、多分、重複していることを確認した、という感じでしたが。

akk444.hatenablog.com

 

 

 

出版された順番に読んでいれば、その都度新しい発見があったかもしれませんが。。。でも最初の『。。。読書術』で、よし、止まらずに読む、自分の脳を信じて読むぞと意気込んで高速を意識して読んだので、どのみち「重複だな」と判断して読み飛ばしていってたと思います。

マインドマップも本を読みながら、あるいは読んだ直後に読書ノートに利用していますし、夜寝る前に翌日の予定とか、思いつくことなどでマインドマップ作って楽しんでいます。

自分なりに勝手なルール作って、マインドマップが崩れていくことがあり、線引っ張ってリストを書いてるだけになってしまったり、妙なところから分岐を作ってしまったりしていることがありました。

今後もそれを警戒して、時々「正しい方法」で作られたマインドマップを眺める機会を持った方がいいかな、と思っています。

 

あと、息子もノート取るのが下手なようだし、そもそも字を書くのが遅いので、マインドマップを使うと楽になるのではないかと思ってますが、どうやって教えようか悩んでいます。最初に間違えて教えてしまうのは嫌ですから。。。

『勉強が楽しくなるノート術 マインドマップ for Kids』も読んでみました。まずは大人が楽しんでいるところを見せてあげましょう、とあったので、夕食後などダイニングテーブルでマインドマップ書いてみました。

 

何度か覗き込んできて、私のまだ下手な、というより文章で書き込んでいるので間違ったマインドマップを見て、「絵を描いたりはしないの?」と言ってきました。あ、そうですよ、絵も併用するのが正しい方法です。

 

イラスト併用なら、息子の方がうまく書き上げるかもしれません、いや、きっとそう。

 

私は、せっかちだからなのかはわかりませんが、文字だけ、しかもペン一色だけで書き上げてしまいがちです。マインドマップは速記術ではない、ってことを肝に銘じたいです。

それ以前の読書ノートは、ひたすら文章を書き写していたので、それに比べたら速くかける、読み直しも楽、というところは実感できるのですが、イラストや色を使って脳を刺激する、脳をフルに働かせる、といったポイントを活用しきれてないと思います。

 

マインドマップの本はまだまだあるようで、トニー・ブザン氏の本は図書館にあるものは全部読もうと思います。それから、他の方が書かれたマインドマップの本も読んで見たいです。日本人が最初から日本語で書いたマインドマップもたくさん見てみたいなあと。

 

人気ブログランキングに参加してます。 

クリックいただけると嬉しいです。